目のクマを消したい!茶クマの原因と対策

目のクマを消したい!茶クマの原因と対策

目のクマを消したい!茶クマの原因と対策

茶クマの症状と原因


最近、目の下が茶色っぽい。むくみっぽいし、たるみもあるかな〜

茶クマはシミ、くすみ、色素沈着によるものです。


目のクマを消す!茶クマ対策の化粧品はこちら<<<



茶クマの症状(特徴)は?

◆ 目の下が茶色っぽかったり、目元が黄みがかったりして見える。

◆ そしてシミやくすみになって見える。

◆ 下まぶただけでなく、上まぶたも含め、目の周り全体が黒ずんで見える。

茶クマの見分け方は、手鏡を持って正面から見た時と顔を天井に向けて手鏡を見た時とで、くまの感じが変わらない場合には茶くまの可能性がります。

茶クマの原因は?

原因は、老けて見える茶クマの正体は、肌表面に表れたメラニン色素の沈着です。

じつは以外に気づかないうちに、使っていた化粧品などの刺激や日常の原因でホルモンバランスの乱れによって目の周りのメラニン色素が増えて、シミやくすみになったものなのです。

そして、紫外線によるダメージや乾燥が原因であるほか、クレンジングが足らず、アイメイクが落としきれていなかったり、摩擦によっても引き起こったりします。

また肌に合わない化粧品の使用、湿疹やかぶれになりやすい方、目をこする癖がある人などに多いともいわれている色素沈着が茶クマを起こりやすくします。

茶クマの対策は?

茶クマは今日ケアして、明日治るものではありません。

そのため日ごろから肌のケアを取り組むことで若々しく肌をとりもどすことができるようになります。

次の項目を行なうことで茶クマは回避できます。

UV紫外線のケアをする。



外出時はケアクリームなどで保湿の為のUVケアで肌を保護する事を徹底しましょう!


正しいクレンジングで洗顔する。



色素沈着は毎日きちんと落とすことが一番の予防策です。

帰宅後のクレンジングはできるだけ早く短時間で確実に、かつ優しい力加減がポイントです。

そして長々と洗うことはかえって肌を痛めることになります。

よくありがちなのが案外忙しくて、よく洗えてないことでシミの原因になるケースもあります。

短時間のクレンジングでも効果のあるクレンジング化粧品がおすすめです。

優しく、クレンジングが大事です!

洗顔後はすぐ乾燥しますので、早めの保湿を心がけておきましょう!


洗顔後はしっかり化粧水で保湿ケアをする。



メラニンにはかかせないビタミンCとヒアルロン酸の配合化粧水で日ごろからケアする。


目元化粧水パックやアイクリームを使用する。



化粧水を顔全体に含ませた後、コットンなどに化粧水を含ませ両目の下に置いて2〜3分放置します。

アイクリームは 「ビタミンC誘導体」 や 美白有効成分 が配合されたものがおすすめです。


美白・美容化粧品でしっかり馴染ませる。



即効ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの配合された化粧品がおすすめです。

目のクマを消す!茶クマ対策の化粧品はこちら<<<



より美白の効果を得るには美白にいい食物を摂取します。



美白効果を外からと内からと摂取することで効果が現れます。

特に効果のある食品は・・・赤ピーマン、シソ 、ホウレンソウ 、ブロッコリー 、キウイ 、グレープフルーツ 、イチゴなどにあたります。

サプリメントを利用するのもおすすめです。