長年の目のクマはシミ・くすみ・色素沈着が原因の茶クマです!

色素沈着のくすみ・シミにおすすめ化粧品はAMPLEUR(アンプルール)!

目のクマにおける色素沈着に困っていませんか?


色素沈着などのくすみやシミは、メイクなどの厚塗りでも隠すのに大変ですよね。

色素沈着はメイクを厚く塗れば不自然になてしまうし、なんとかしたい所です。

そこで、有名人も愛用のメディカルスキンケア【AMPLEUR(アンプルール)】が人気でおすすめです!

実は妊娠中や30〜40代の女性にもっともできやすいといわれる色素沈着におけるシミの方に絶賛なんです!

それは、なんといっても、ただの美白成分配合ではありません。

使用するには医師の処方箋が必要だった美白成分「ハイドロキノン」を安定化させ、世界で初めて化粧品に配合できたものだからです。

そして芸能人や美容のプロからも絶賛されています ☆.。.:*・

皮膚科医・高瀬聡子先生が開発した美容化粧品

くすみ、しみを治したい美白化粧品!


まずは、トライアルセットで試してみましょう!

アンプルール トライアルセットはこちら

目の下のクマの色素沈着の茶クマを綺麗に治す!

色素沈着の原因で目の下のクマができる茶クマ。

長年悩まされる女性は少なくはありません。



何度もクマができて、肌をこすったり放っておいたりしていると、肌は色素定着してしまいます。

こうなると普通のクマの対処法では取れなくなってしまいます。

特に年齢が増すごとに多いようです。

色素沈着を起こしている茶色クマの原因

茶っぽいクマ!それは色素沈着です。

色素沈着の茶クマの原因

日々の紫外線や乾燥や色素沈着が原因で目の周りトラブルからくるものです。

色素沈着は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこります。

肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能があるからです。

通常は肌のターンオーバー(=肌の生まれ変わり)により、メラニン色素は皮膚の外側に押し出されて、次第に消えることがほとんどです。

しかし、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと、そのまま色素沈着となって残り、消えにくくなることがあります。

また、人によってはストレスやホルモンバランスの乱れが関係している場合もあるようです。

茶クマの対策

体内の抗酸化力を高めるのが有効。

ビタミンCが豊富な食べ物などでビタミンCをたっぷり摂取する。

化粧品は美白成分に繋がる成分が効果です

色素沈着に効果を発揮するのは



保湿成分になる、セレブロシド成分
美白成分になるハイドロキノン成分
メラニン色素の生成を抑制するビタミンC誘導体配合のものにします。

そして何よりも「こすらない、強くおさない」。

色素沈着の茶クマのケアをまとめますと・・・・


紫外線に気をつける、アイクリームで保湿する。

目の周りは毛細血管が多く、ちょっとした刺激で切れて鬱血してしまいます。
クリームをぬる時でも、すり込むのは逆効果です。
あくまでソフトに触れてください。
また指圧なども目の周りは要注意。自己判断での指圧は間違いのもとです。

目の周りの筋肉を鍛える

目を大きく開き、左右やぐるりとまわしたりして筋肉をつけると薄くなります。


乾燥は大敵!保湿をしっかりとする

美白効果のあるケアや肌の水分を逃がさない方法で、お肌の保全につとめてみましょう。

徐々に目のくまが目立たなくなります。

両者を兼ね合わせたアンプルール化粧品は、こちらです。

アンプルール トライアルセットはこちら


病気の前兆の場合も・・・

睡眠をしっかりとっているのに、目のくまがなかなか消えなくて、黒ずんだシミのように見えたり、疲労感が強い、全体的に顔色が悪い、やせてきた、というような症状がある場合、なんらかの
病気の前兆かもしれません。


とくに、糖尿病、慢性の肝臓病・腎臓病、甲状腺機能亢進症、バセドウ病などの初期には、疲労や体重減少などのほかには、目立った自覚症状がない慢性疾患でくまができることがあります。
なかなか消えないクマは軽くみないで、医師に相談してみましょう。