紫外線が原因で色素沈着になるケースについて

紫外線が原因で色素沈着になるケースについて

紫外線は油断大敵。紫外線はシミ、シワ、タルミなどの肌老化の原因となります。



紫外線を大量に浴びると、シミの元となる「メラニン」が大量に作られてしまうことで、お肌に茶色いシミができてしまいます。

シミは色素沈着の代表ともいえますが、日常生活で日差しを浴びると、紫外線も吸収してしまうため、多くの方が悩みを持つ色素沈着の種類です。

紫外線は夏だけでなく年中要注意!

紫外線が多い季節といえば、「夏」というイメージがありますが、年中注意する必要があります。

紫外線の量が多いのは、5月から9月頃にかけて多いことがこの表でわかります。



日本国内でも南に行くほど紫外線量が多いことが分かり、各地域によってその量は変わります。

効果的な紫外線対策

紫外線をできるかぎり浴びない工夫が必要ですね。
今一度、外出する歳、注意する点を見直してみましょう。

紫外線の強い時間帯を避けましょう!



紫外線が一番強い時間帯は午前10時〜午後2時の間が多いです。

その時間帯だけで1日の紫外線量のおよそ50%が降り注ぎます。

外は日陰を選んでお出かけしましょう!



身体にあたる紫外線には、太陽からの直接のものだけではなく、空気中で散乱したものや、地面や建物から反射したものもあります。

直接日光のあたらない日陰であっても、紫外線を浴びていることは忘れないようにしてください。

日傘を使ったり帽子をかぶるのもおすすめ!



日傘や帽子も、太陽からの直接の紫外線は防げますが、大気中で散乱している紫外線までは防ぐことはできません。

衣服で覆って紫外線を浴びない!

濃い色調で目が詰まっている衣服が一番よいとされています。

真夏でも必ず長袖の上着が良いでしょう!

サングラスをかけたり、UVカットのカラコンもおすすめ!



角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ!」という指令を出してしまうからです。

紫外線防止効果のはっきり示されたものを選びましょう。

日焼け止めを上手に使いましょう!

環境庁もおすすめしている対策でもあります。

最近の日焼け止めの商品を見てみるとほとんど表記されている、SPF値とPA値



SPF値は紫外線B波を防ぐ効果の度合い、PA値はA波を防ぐ度合いの目安となる数値です。

SPFは、この「赤くなりはじめる状態をどのくらい引き伸ばせるか」という数値で、SPF1が20分に相当します。2なら40分、3で60分、ということですね。

同じSPF値のものでも、塗り方や塗る量、その人の肌によって効果は異なってきますので、「あくまでも目安」です。

・日常であれば … SPF10〜20程
・軽いレジャーやスポーツなら … SPF20〜30程
・リゾート地や海辺などは … SPF30〜

PA値は、「プロテクション グレイド オブ UVA」の略で、紫外線A波をブロックする数値です。
紫外線が当たった2〜4時間後に、メラニン黒化を防ぐ度合いを「+」で表し、次の段階があります。

このPAという基準は、日本だけのもの。
・+   → 効果がある
・++  → かなり効果がある
・+++ → 非常に効果がある
・++++→極めて効果が高い
2013年の1月から「PA++++」(フォープラス)まで表示できるようになりました。
それぞれの紫外線対策をすることで、シミ、シワ、タルミ、色素沈着の予防になります。
是非、実行してみましょう!