妊娠中なりやすい「青クマ」の改善法について

妊娠中なりやすい「青クマ」の改善法について

青クマの原因は血行不良で起こりやすい症状です。



特に若い方でもなりやすい傾向でもあります。

その原因は、スマホなど電子機器などの原因が大半ですが、徹夜などの寝不足などからもなりやすいものです。

翌日、目の下に青っぽくなっているクマがそうなります。



それは、血行不良がおきると血の色が黒赤色に変化してしまうため、それが目元の薄い皮膚を通してみえることにより青クマとなります。

そして、この症状は妊娠されている方に、多い青クマの症状でもあります。

妊娠中というのはホルモンバランスが崩れやすい時期ですが、実はホルモンバランスの崩れは血行不良を引き起こすと言われています。

妊娠中はお腹の赤ちゃんに鉄分を取られてしまうため鉄欠乏性貧血という貧血になりやすくなります。



これらの要素が原因で、妊娠中の方に青クマが多い理由になります。

血行不良でおこる妊娠中の「青クマ」の対処法

血行不良でおこる妊娠中の「青クマ」の対処法については、

マッサージ

食品

で、青クマを和らげるのにおすすめです。

顔全体のマッサージ

マッサージと言っても特に、額・眼輪筋・両目の間をほぐしてあげるとより効果的です。


鼻筋を含む顔の中心部は動脈が集まっているところです。

なので、この部分の凝りをほぐしてあげると血行が良くなりますから、目の周りに栄養と酸素が行き渡りやすくなります。


青クマにおすすめの食品で対策してみる

葉酸 鉄分 ビタミンEを摂取しましょう。

葉酸は、貧血を予防する効果があってビタミンB12とともに赤血球を作る働きを助けるため、『造血のビタミン』とも呼ばれています。
特に妊娠中は葉酸が妊娠していない人にくらべて、2倍以上不足になりがちです。
レバー、菜の花、枝豆、モロヘイヤ、ほうれんそう、アスパラガス、いちご、ライチ、アボカド、マンゴー、納豆、ナッツ類、卵黄、牛乳などに含まれいます。


鉄分の多く含まれている食品には、レバー(鶏・豚)、ひじき、あさり、はまぐり、納豆、うなぎなどがあります。


血行をよくするために、血液サラサラ効果のある黒酢、黒キクラゲや黒豆などといった黒い食べ物を意識的に採るようにしましょう。
また、体を暖める作用のあるニラやエビ、鶏肉、生姜、シナモン、紅茶なども効果的です。


サプリや漢方を活用することで基準値の栄養摂取ができます。


厚生労働省推奨の葉酸サプリ【ベルタ葉酸サプリ】