目元がたるむと老けて目のクマに発展!原因は何?

目元がたるむと老けて目のクマに発展!原因は何?

目のクマには原因と症状があります。



その中でも、“実はたるみだったクマのような影”というのがあります。

眼輪筋の衰えによって目のクマに発展するケースもあります。

すると、アイクリームなどでは、治らない改善できないことになります。


眼輪筋とは?



眼輪筋は、目のまわりを覆っているドーナッツ状の筋肉でまぶたの開け閉めが主な役割です。

眼輪筋が動くことで、鼻の付け根にある涙嚢(るいのう)と呼ばれる袋が スポイトのように涙を集めて、涙の循環を助けています。

目のまわりの眼輪筋が衰えると目の下のたるみやクマが起こります

日本人はまぶたに脂肪が多くついている傾向があるのですが、欧米人に比べて表情筋を大きく使えていないため、目の周りの筋肉が衰えがちです。



眼輪筋は、目のまわりを覆っているドーナッツ状の筋肉でまぶたの開け閉めが主な役割です。

眼輪筋が衰えると、まばたきをした時に上下のまぶたがくっ付かない「不完全瞬目」という状態に。

そうすると、まぶたがしっかり閉じないことから、隙間から涙が蒸発してしまうのです。


筋肉の弱ってくるとまぶたがたるんで、目の下のくまや老け顔の原因につながります。


老け顔にみられるのは、まぶたが たるんでくることで どうしても目が小さく見え、目元の印象はふけて見えるんです。



たるみを改善しようとマッサージをする女性は多いです。

しかし、このマッサージには注意が必要!

目元の皮膚はとても薄くデリケート。

肌をこするようなマッサージは摩擦を生じ、たるみだけでなくシミやシワといった肌トラブルを悪化させる要因になります。

また、顔は小さな筋肉や血液、リンパが入り組んでいるため、その流れに沿って効果的なマッサージを行うのは容易ではありません。

やり方を間違うと、血管やリンパを刺激してしまい血行障害を起こして、むくみを招くことも考えられます。

眼輪筋に効く筋肉トレーニングが効果的です。

「眼輪筋」のトレーニングで鍛えて嬉しい美容効果を上げましょう。

眼輪筋に効く筋肉トレーニング



5秒間、目をギュッと閉じてから、  5秒間、思いっきり目を大きく開いて正面を見る。




5秒間、目をギュッと閉じてから、  5秒間、思いっきり目を大きく開いて上を見る。




5秒間、目をギュッと閉じてから、  5秒間、思いっきり目を大きく開いて下を見る。




5秒間、目をギュッと閉じてから、  5秒間、思いっきり目を大きく開いて右を見る。




目を大きく開いて∞(無限)を描くように瞳をクルクルと5回まわす。
次に反対周りも同様に5回行う。


簡単トレーニング器で解消!!

口コミでも大反響のビナーレトレーナー効果!
簡単リフトアップでたるみからくる目のクマを救います!


年齢からくる筋肉の衰えは放っておいては止めることはできません!

筋肉は鍛えることで若さを保つことができます。

若い頃は目元が若かった!と思い出に終わらさず、今も若々しく維持しませんか?

簡単なリフトアップで可能なんです!

たったいまもあなたのまぶたは老け始めている?
わずか1年で4万個を売り上げた、田中愛監修の「目元たるみ」集中ケアマシンで今すぐ実感!


ビナーレトレーナー 【楽天ポイント10倍・送料無料】
<< フェイレッチ・顔筋エクササイズ・アイケア・美顔>>

ビナーレトレーナー<<<はこちら