ノーベル賞のフラーレン配合の化粧品が老化を防ぎます!

ノーベル賞のフラーレン配合の化粧品が老化を防ぎます!

フラーレンが肌を若返らす!それはいったい??

全国の美容クリニックも大注目!

人気モデルも使用しているフラーレン化粧品(ノーベル賞成分)はこちらです!


フラーレン (fullerene) は、閉殻空洞状の多数の炭素原子のみで構成される、クラスターの総称である。
と言っても分かりにくいのですが、ノーベル賞をとるほどの発見になるのです。

ダイヤモンドと同じ炭素のみから構成される物質で、非常に小さいサッカーボールのような形をしています。
発見者はノーベル化学賞を受賞している注目の成分です。
最近では、フラーレン配合の化粧品がメディアを通して聞くようになりました。
そのためどんどん人気が出てきており、何かとテレビでも紹介されています。
フラーレンの効能はなんといっても、圧倒的な抗酸化力になります。

約ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力が働き、老化の原因となる活性酸素を無害化してしまうのです。

驚くことに強い抗酸化力を持っているのですが低刺激なので、美容業界も注目している成分になります。
なんと日本では1,000を超える美容皮膚クリニックで既に使用されていて、よりよく効果を出すため医療用途向けに研究開発も行われているようです。

フラーレンはどのような働きをするのでしょうか?

活性酸素という、肌老化を引き起こす酸化を無効化にして酸化を防ぎます。

肌は細胞の集まりですので酸化するのは自然の摂理です。
動物、生物にもおこることなのです。

こちらはりんごの実で実験したものです。
リンゴにフラーレン1%の水溶液
フラーレン5%の水溶液
何も入っていない水
を用意して塗ったものです。

時間を経過すると結果がはっきりわかります。
フラーレンが入っている方は変色がほぼありません。
その結果、フラーレンの成分がリンゴの酸化を防いだといえます。

活性酸素を封じる抗酸化の必要性は?

女性の天敵でもあるシミやシワなど老化を引き起こす悩みは誰もが考えることでしょう。
特に年齢が重なるほど、思いが強くなるかと思います。
その老化を発症する原因とは活性酸素によるものなのです。
シミやシワなど老化による肌は、活性酸素が働くからです。
肌の老化を防ぐ方法には、活性酸素から肌を守ることなのです。


エイジングケアによる化粧品には活性酸素から守る抗酸化成分が入っています。
そして紫外線を浴びることでも老化の近道と言われていますが、これも活性酸素が発生することでおこります。
この防止を止める対策でも抗酸化成分が有効とされています。

従来の抗酸化成分とフラーレンの違いとは?

ビタミンCやアスタキサンチン、コエンザイムQ10など抗酸化成分は既によく耳にします。
そしてフラーレンにはほかにはない強みでもある持続力と安定性にあります!

従来の抗酸化成分は、自分自身が身代わりとなって酸化されることで、肌の酸化を防ぐ働きをします。
フラーレンは、活性酸素を吸着して酸化を防ぐ優れものになります。


吸着できる活性酸素の種類も多く、お肌の表面を、ぐいぐい掃除機のようにお掃除してくれます。
効果は11時間続くようです。
また紫外線が強くなる時期は、従来の抗酸化成分では壊れやすかったのですが、フラーレンは壊れずに安定してくれます。
フラーレンの持続力と安定性は画期的なのです!

こちらはフラーレンを入れた水と、普通の水に植物を入れて観察したものです。


1週間程、観測した結果ですが葉がしおれずイキイキしています。
フラーレンの持続力です!枯れる葉っぱは活性酸素によって枯れてしまいました。
人間の肌と老化もこの現れになります。

フラーレン化粧品、選ぶときのポイントは

フラーレンは2種類あります。
脂溶性フラーレン(リポフラーレン)と水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)。

肌には水と脂が共存しています。
その両者にも活性酸素は発生します。

水には、、水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)
水溶性は、即効性の浸透が期待できるもの

油には、脂溶性フラーレン(リポフラーレン)
脂溶性は効果が長く維持できるもの

の両方のフラーレンが入った化粧品が大変おすすめになります!
使い方は朝と夜、洗顔の後に使うことで、長時間フラーレン働き1日中肌の上で活性酸素を取り除いてくれます。

さまざまな肌の悩みを解決してくれる事がわかります。



フラーレンおすすめ化粧品はこちらです

BEAUTY MALL ビタミンC誘導体APPSやTPNa、ノーベル賞受賞成分であるフラーレンを高配合(規定値以上高濃度に配合)した『結果を出す!』を目的に作られたコスメ。